キレイな女性

広告の種類

鮮やかな髪色の女性

風俗店舗を営業していると求人集めや店舗情報を行なういわゆる広告活動をしていく必要があります。風俗業界に限らずライバル店舗が多い業界では如何に魅力的な情報を広告として出し、お客さんを集めるかが重要になってきます。風俗業では広告として求人と営業という2種類あります。それぞれターゲットとしている方が異なり、広告の仕方も異なります。求人情報の広告は当たり前ですが風俗店で働きたいという方を対象に出す広告で、時給や働き方、店舗で働くことの魅力などを情報として載せます。一方営業広告の場合は風俗店を利用してくれるお客さんをターゲットにしていて、店舗の特徴や在籍している風俗嬢の情報、また料金やプレイ内容などを情報として載せます。広告を出す場所も異なり、実際に出す時は専用の広告業社に依頼する必要があります。
営業広告を出す時は大抵が広告料という形で広告配信業者に料金を支払う必要があります。求人広告も料金を支払う事がありますが、支払わずに無料で掲載してくれる業社も存在します。その理由としてターゲットの対象が明確で、サイトへアクセスしてくれるリピート率が高く運営がし易いという特徴があるためです。しかし営業広告の場合は不特定多数の恐らく風俗店を利用するであろうと思われる年齢層の男性全員をターゲットとするため直帰率が高く、運営側としては確実な収益が入りにくい特徴があります。そのため広告掲載料として支払う必要があり、この金額は業社によって大きく異なります。掲載期日が決まっている場合もあれば、ランキング形式でサイトアクセス者の反応が薄ければ自動的に目立つ場所から下げられる場合もあります。また大型キャンペーンに対応している業社もあり、一日あたりの広告掲載料で広告を出すことが出来る場合もあります。夫々のサイトで特徴が異なるため、まずはどの業社で出すか見極める必要があるでしょう。その方法としてサイトの利用者層やPVなどがあります。単純に想定ターゲット層の方がアクセスしていて、多くのPVがあれば広告に反応してくれる方の確率も高くなり、広告掲載の意味が見出せます。逆に掲載料金は高いのに想定より低いPVという場合は損しかしないでしょう。業社のサイトには必ず広告を掲載するサイトの詳細情報が記載されています。PVは勿論ピーク時などもあります。またどのカテゴリーの風俗店の広告が人気があるのか等の情報を知ることが出来ます。こういった情報を知った上で広告を出す業社決めを行なうことが大切になってきます。

注目の記事